• Home>
  • 注目アイテム

篠原教授監修「けんぱち(健康+ぱちんこ)」 パチンコ店から発信する健康施策

けんぱち けんぱちHPへ

「けんぱち」って何?~What's KENPACHI?~

けんぱちは、ホールが「ぱちんこ」を通して、お客様や地域のみなさんの脳と体の健康を守っていこうという取組です。 そのためにホールは「ぱちんこがお客様の健康に寄与できる可能性」を把握し直し、スタッフで共有し、それをお客様や地域のみなさんにもお伝えします。 さらに現状の「ぱちんこ」では不足しがちなお客様への健康サポートを展開して行きます。同時に、子どもの置き去りを含む依存症の一次、二次予防対策などを行い、ぱちんこの健全化をすすめます。 こうしたサービス展開は、射幸性だけのつながりではないお客様との絆づくりにつながります。 そうしてホールが地域に不可欠な健康情報発信センター、健康福祉施設となっていくことを目指す運動が健康ぱちんこです。

けんぱち実施で差別化

けんぱちを活用し、お客様との地域コミュニティ・健康ステーションの役割をすることで、地域の社会貢献やお客様の健康維持に役立ち、他ホールとの差別化につながります。

認知機能低下予防にも!

「脳への刺激」「適度な運動」「コミュニケーション」「バランスの良い食事」が認知機能低下予防の4大要素です。お客様にいつまでも元気で長くお店に来ていただくために、パチンコ店でサポートできることを提案します。

超微細発泡光反射板「MCPETα」 世界トップレベルの反射率で省エネを実現

MCPET 資料DL お見積り、お問合せ

節電、CO2削減、照度UP対策に!

MCPETαは超微細発泡気泡で形成された発泡PETシートです。
難燃性も高く、大手スーパーや工場、学校等をはじめ、パチンコメーカー・ホールでも導入されています。消費電力の削減など優れた省エネ効果を発揮します。様々な形に対応、オーダーメイドも可能です。

MCPETαはこのようなお悩みの方に最適です。

LED照明は高くて導入できない

PET樹脂のため低コスト!1枚2100円~。導入費回収は約1.08年です。

少ない費用でコスト削減・エコ対策したい。

ランニングコストもかかりません。LEDに移行するまでのつなぎの節電対策にも。熱の発生も抑えます。

照明を間引きしたら暗くなってしまった。

照明を1/2~1/3間引きしても照度UP。照明の50~60%程度の節電が可能です。

手間をかけずに節電したい

紙のように軽いため、取り扱いが簡単です。蛍光灯を交換するような感覚で、メンテナンスも楽らく。

※お見積りの場合、タイトルを「その他」、備考に「反射板見積り」とご記入ください。追って弊社より確認事項をメールいたします。

DJ TSUYOSHI ホール向けBGM第1弾 「AGE×2 DERU×2 MIX Vol.1」

けんぱち 視聴はこちら

世界屈指のDJがホール向けトランスBGMをリリース!

監修は脳科学者、諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授。音楽と脳の動きにより飽きさせない遊技空間を提案します!

AGE×2 DERU×2 MIX Vol.1

再生時間 1:01:18

定価 5,000円→会員価格(初回キャンペーン)3,980円

諏訪東京理科大学 篠原教授のコメント

ホールではおなじみの曲とTSUYOSHIの新作を20代男性2名が聴いている時の脳活動とリラックス度を調べた結果、 TSUYOSHIの方が音楽のリズムどりにかかわる右脳の活動が高い。B君では右手でのリズムどりにかかわる脳活動も高い。 一方で左脳の側頭葉から前頭葉下部の活動は低く、リラックスしていることがうかがえる。 実際、自律神経活動ではTSUYOSHIの方が副交感神経活動が高く、よりリラックスしていることが認められた。

※実はパチンコやスロットで長時間遊戯できている時、脳は鎮静化しリラックスしてるため、TSUYOSHIの曲はその効果を高める可能性があります。特に台からの音が少ないスロットコーナーでの使用が望ましいのではないでしょうか。

DJ TSUYOSHI 購入はこちら

DJ TSUYOSHIプロフィール

日本大学芸術学部映画学科映像コース在学中の80年代後半、東京で本格的に音楽活動開始。1993年単身渡英し、トランスレーベルMATSURI PRODUCTIONSを立ち上げ、数々のスマッシュヒット作を手がけ、同時にロンドンでのレギュラーイベントであるRETURN TO THE SOURCEの成功等で一躍世界のトップDJに。 98年ISSEY MIYAKEの東京/パリコレクションの音楽担当、自身のエレクトロバンドJOUJOUKAもデビュー。2000年、拠点を東京に移し伝説のイベント「Tokio Drome」を主宰する。その後エレクトロレーベルMADSKIPPERSを立ち上げ、東京発世界発信として、10数枚のCDを世界リリースしていく。2007年、渋谷のCLUB ASIAにてレギュラーイベント「MADSKIPPERS」を隔月にてスタートさせ、クラブミュージックとロックミュージックの融合をコンセプトとした 日本を代表するオルタナティブエンターテインメントとして大成功を収める。

現在、JOUJOUKAのニューアルバム制作中で、同時にDJ活動も世界規模及び日本発信で継続。そして、Madskippers TVとしてUSTREAMやニコ生放送を駆使したメディアコントロール活動も始める。